女性の薄毛治療について

女性の薄毛の症状や原因は、男性と同様に様々ですが、実は女性もAGA(男性型脱毛症)で脱毛する場合が多いというのはご存知ですか。

1.女性の薄毛のほとんどはAGA!?

意外に思えますが、女性の脱毛症の最も多くの原因は、実はAGA(男性型脱毛症)と言われています。
男性場合、AGAによる脱毛の症状は、主に前頭部や頭頂部から始まり、側頭部と後頭部を残して広がっていきます。
一方女性のAGAは、多くの場合頭頂部が脱毛して周辺に広がっていきますが、生え際は保たれているのが特徴です。男性の様に極端に薄くなることはまれです。

2.女性と男性でちがう 薄毛の治療法

同じAGAでも、女性と男性とでは、治療法が違います。
最も一般的なAGAの治療は、プロペシアなどの内服薬の服用です。 しかしプロペシアは女性が服用した場合に副作用が出る恐れがあるため、男性に使用が限られます。特に妊娠中の女性や、授乳中の女性がプロペシアを服用すると、胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるためタブーとされています。

※ただし、プロペシアを服用中の男性との間に子どもができても、胎児が悪影響を受けることはありません。

3.女性が受けるべき薄毛治療法とは?

女性におすすめの薄毛治療法としては、プロペシアではなく、ノキシジル等の外用薬や、メソセラピーと呼ばれる、注射などを使用して頭皮下に直接薬剤を注入する治療法が中心となります。

注射を使用するものの中でもHARG療法は、HARGカクテルと呼ばれる薬液を頭皮に注入する毛髪再生治療です。 上記に上げられるもので効果がなかった人でも薄毛を改善できるという非常に有効な治療法のため、一般的な薄毛治療よりも高額です。しかし、アレルギーや副作用の心配はなく、女性にも施術可能であるため、何よりも適用範囲が広い治療です。

HARG療法とは